×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

だものだものニンゲンだもの

「それにあんた帽子はどうしたの」
「すぐ戻って来る証拠に置いて来た」
「じゃないと解放してくれないんだ。ニンゲンだもの」
「いや、そんななら連れてかないって」というと白巻貝は姉の帽子を持って来てかぶせました。白い円錐形の貝殻型でとんがりのてっぺんから下に細いすじが通っています。

ガボガボゴボゴボ

ポンとなって白巻貝と貝殻姉が出てきたとき、綿帽子は4杯目のお茶を飲んでいました。もうおなかがが洪水です。
「こんにちは」と貝殻姉。
「こんにちは」と綿帽子。
「素敵なアップリケね」
「姉さまが作ったの」

おいしい野菜はおいしい

「おいしい。作りたてね」
そうなのです。胡瓜やトマトのサンドイッチは作りたてでないと水が出てしまうのですが、パリパリサクサクふかふかなのでした。
「願い事妖精さんは不思議にも思わないみたいだけど」と綿帽子は思いました。「サモワールだってどうやって出してるのか疑問よね」

そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし

「そういえば仏の顔も三度までと願い事3回って関係あるの」と白巻貝が姉に聞きます。
『古(いにしえ)、まだ妖精とニンゲンがはっきり分かれていなかった時のことです』といきなり貝殻姉は語り部モードです。

三つ数えろ

『ニンゲンたちはやっぱり、相手が妖精と思い込めば願い事をしていました。その頃はみんな数がたくさん数えられなくて、1、2、3、いっぱいで彼らの数はお終いでした。そしてカウントしないと際限なく願うので、3つまでって言うことにしたのです』

20 21 22