×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パッと見は何か不協和音

「何もないって駅に苦情が来そうだもの」
「ネズミ返しまでピンクだ」
「塗られてるんじゃなくって、木がピンクよ。よく見ると綺麗。珊瑚みたいに。これ粉砕しないで使えないのかしら。アクセサリーの材料とか」
「そういえばどうしてわざわざ壊すんだろう」
「珊瑚色廃墟って名前をつけかえたら名所になるのに」

定番中の定番な問い

と言ったが早いか「決して当らないので少し参考になる神託の炭酸水泉」です。小石を投げ込んで波紋が広がりきる前に質問するように立て札に書いてあります。
「いつ死ぬか聞いてみよう」と綿帽子。

面白い問じゃないんだもん

ぽちゃん。
「死なない。永遠の命」ごぼごぼ炭酸が泡立ちながら答えます。
「これは本当に当らないんだね」と瓶覗(かめのぞき)
「そしてこれでは少しも参考にならないね」

魅力は多数決ね

「どうだった?」と貝殻姉。
「いつか死ぬってわかったわ。もちろん知ってたから」と綿帽子。
「あの泉は大昔は面白かったのよ。来た人を楽しませようって気持ちをなくしてしまったのね。失ったのは能力じゃなくておもてなしの心」
「才能がないって『自分の魅力を伝える技(スキル)がない』って意味だろ」と白巻貝。

塩を入れると梅干味になるよ

「でも」と綿帽子は思いました。「まだ聞く気もあるし答える気もあるのね」
「Q寿命に、Aおいしいヨーグルト菌の品種名を答えたりしない程度には」とムーングレイ
「あと、聞いた人が使った言語を使う程度にね」と白巻貝。

23 24 25