×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

long long time future

始まりはやっぱり
昔むかしあるところに
ずっと先の未来に、ちょうどここ、この場所でね

看板に偽りなし

「つじつまの合わないことをいわなきゃいけないのね?」と綿帽子(わたぼうし)は用心深く申しました。
「いいやそんなことない」と手袋屋が答えました。
「なにを喋ったって辻褄が合ったりはしないんだ。看板にそう書いてあるんだから。ナンセンス全自動生成ブログ」

ドードー鳥ドードー巡り

「小さい子にお話を聞かせるのはいいわよ」と綿帽子は考え深げに言いました。
「そうだね。ドリトル先生や不思議の国のアリスはそうしてできあがったらしいよね」と手袋屋が言いました。
「CPUにお話を聞かせるって、ありかしら? 『ドリトル先生』が『お話』であることさえわからないのよ」
「『ドリトル先生』と『お話』という単語がよく一緒に出てくることくらいは知ってるかもしれない」
「きっとありよ」と姉さまが突如口をはさみました。花曜はびっくりしました。姉さまに聞こえているとは思わなかったのです。
いつものとおりの、見てないような目で姉さまは言いました。「今日太陽が沈まない可能性だってあるんだから、CPUだって抱っこしてたらいつか小さい子になるかもしれない」
「もう、沈んだよ」
「なら、登った太陽が沈まない可能性よ」
「CPUもお日様も熱すぎて抱っこなんてしてられないんだから」

 1 2