×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンクラーベ根比べ

大きな鏡も流れてきます。中に人が映っていて、
「いいえ、悪魔です。悪魔が自分の真贋、つまりアイデンティティを気にするとも思えませんが」
「戸籍科が頑張ってくれなかったわけだ」

虫の複眼で見た図、テレビを多画面並べた壁

「『自分だけは特別で一番』と『他の人も自分も見分けられない、メガネメガネ』は似て見えるのか」
そんな目で見たらどこもかしこもワンダーランド(驚きの国)です。
「大分乱視入ってますね、コンタクトでの乱視矯正はまだまだなんです。瞳の上の水分の中でぐるぐる回ってしまうので」

雨河海、上下水道、無差別攻撃

川ができれば生き物が来ます。水が熱湯になったってそのうち冷めます。火砕流だって、冷めるんです。
濾過されていって色も褪めてくる。

どうして、彼には声がかからなかったのでしょう

川岸ではハートの兵士たちがハートの洗濯です。
「鉄条網で守られたハートを盗みに行くのはちょっと」
「心が小さいそうだから盗んでも楽しくないよ」
永遠に誰も欲しがらない物を守る。

こんなに時間をかけて、何を。シビリアンコントロール

「バラ線巻いて平気だなんて鉄の心臓だな」
「鱗粉ほどに小さいから刺さらない」
「鋼鉄のハートじゃなかったの」
「毛の生えた心臓ってそれのことか」

27 28